興福寺 - 泉谷康夫

泉谷康夫

Add: gydab29 - Date: 2020-12-05 03:49:50 - Views: 896 - Clicks: 8072

『興福寺 (日本歴史叢書)』(泉谷康夫) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:藤原氏の氏寺として南都第一の大寺にまで発展し、宗教界を主導した興福寺は、中世には大和一国をも支配する一大世俗的勢力としてその威をふるった。. 6: 論集日本歴史: 林. その直後、同年一〇月泉谷康夫氏は「鎌倉時代の興福寺と国司・守 るり ないであろう。氏は平安末期の検注の実状を述べたものと考えられる。れている。. 12: 摂関時代と古記録: 山中裕 編: 吉川弘文館: 1991. 興福寺 フォーマット: 図書 責任表示: 泉谷康夫著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1997. -- 勉誠出版,. com で、興福寺 (日本歴史叢書) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。.

11501/3080965 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book. 215/2 中世興福寺の門跡 / 高山京子著. 11: 日本中世社会成立史の研究: 泉谷康夫 著: 高科書店: 1992. 「興福寺の襲撃」について研究した本はないのか。たぶん、仏教についてまともに研究した本が少ないのだろうと思ってました。お経がありがたいとか仏像が美しいとか、そんな本ばっかり。 泉谷康夫『興福寺』という本を見つけました。. 興福寺 (日本歴史叢書新装版)/泉谷 康夫(哲学・思想・宗教・心理) - 単なる寺院史ではなく、一国政治史としての側面を有する、南都第一の大寺・興福寺の歴史を語る。. -- 上島享,. 泉谷康夫【著】 日本歴史学会【編】 吉川弘文館 1997/11/10出版 227,8p 19cm(B6) 新装版 ISBN:NDC:188. 研究者「泉谷 康夫」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。.

215/3 興福寺 / 泉谷康夫著. 泉谷 康夫: 書名ヨミ: ニホン チュウセイ シャカイ セイリツシ ノ ケンキュウ: 出版元: 高科書店: 刊行年月: 1992. 12: ページ数: 332, 3, 20p: 大きさ: 22cm: NCID: BN※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌番号:※クリックで国立国会図書館サーチを表示. 12: 律令制度崩壊過程の研究: 泉谷康夫 著: 高科書店: 1992. Pontaポイント使えます! | 興福寺 日本歴史叢書 新装版 | 泉谷康夫 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 興福寺 / 泉谷 康夫, 日本歴史学会 / 吉川弘文館 単行本【メール便送料無料】【あす楽対応】.

researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency. 11 形態: 6, 227, 8p, 図版2p ; 20cm 著者名: 泉谷, 康夫(1931-) シリーズ名: 日本歴史叢書 / 日本歴史学会編 ; 56 書誌ID: BAISBN:. 奈良教育大学学術リポジトリnear 鎌倉時代の興福寺と国司・守護 著者 泉谷 康夫 雑誌名 高円史学 巻 1 ページ 1-17. 泉谷康夫 著: 吉川弘文館:. 興福寺別当永縁について コウフクジ ベットウ エイエン ニ ツイテ: 泉谷 康夫/著: イズミヤ ヤスオ: 214-231: 王権守護の武力 オウケン シュゴ ノ ブリョク: 元木 泰雄/著: モトキ ヤスオ: 232-249: 念仏結社の展開と百万遍念仏. 8: 興福寺: 泉谷康夫 著: 吉川弘文館: 1997.

奈良の南都の有力寺院の中で東大寺に次いで名前が上げられるのがこの藤原氏の氏寺である興福寺で、あんまり本がないなぁ、と思いながら借りて来てみたらば大和国の事実上の支配者であるため、『奈良市史』に大きく取り上げられている上、日本の商業史の最初の頃の一ページの「座」の. 泉谷康夫: 東大寺領櫟庄について 上下: ヒストリア30: 1961: 小泉宜右: 東大寺の寺領支配に関する一考察―黒田新庄について― 日本仏教16: 興福寺 - 泉谷康夫 1963: 泉谷康夫: 華厳会免田について: 歴史学研究284: 1964: 泉谷康夫: 東大寺大仏御油料田の成立と発展: 奈良学芸大学紀要. 興福寺 フォーマット: 図書 責任表示: 小西 正文 出版情報: 大阪 : 保育社, 1987 形態: 222p ; 19cm 著者名: 小西 正文 シリーズ名:.

鎌倉時代の大和国 - 興福寺と多武峯を中心に ー は じ め に 泉 谷 康 夫 本稿は、興福寺と多武峯を中心にすえ、鎌倉時代の大和国における種々の階層の人達の動向をみてゆこうとするものであ. -- (科学研究費補助金(基盤研究(b)(1))研究成果報告 ; 平成10年度〜平成 13年度). 11 日本歴史叢書 / 日本歴史学会編 56: 新装版. 記紀神話伝承の研究 - 泉谷康夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 興福寺 - 泉谷康夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの.

泉谷 康夫『興福寺』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. (11/4時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:コウフクジ|著者名:泉谷康夫|著者名カナ:イズミヤ,ヤスオ|シリーズ名:日本歴史叢書 新装版|シリーズ名カナ:ニホン レキシ ソウショ シンソウバン|発行者:吉川弘文館|発行者カナ:ヨシカワ. researchmap is an information sharing platform for the researchers. 日本史-【中古】 興福寺 単行本【宅配便出荷】 吉川弘文館 / 日本歴史学会 康夫, 泉谷 /,【1日~3日以内に出荷】-【逸品】 - fepamur. 興福寺 フォーマット: 図書 責任表示: 泉谷 康夫 出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1997 形態: 227p ; 20cm 著者名: 泉谷 康夫. Amazonで泉谷 康夫, 日本歴史学会の興福寺 (日本歴史叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。泉谷 康夫, 日本歴史学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 吉川弘文館 1997.

215 &92;2,400 (税込&92;2,640). 興福寺: 著者: 泉谷康夫 著: 著者標目: 泉谷, 康夫, 1931-著者標目: 日本歴史学会: シリーズ名: 日本歴史叢書 : 新装版: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 吉川弘文館: 出版年月日等: 1997. 11: 大きさ、容量等: 227, 8p ; 20cm: 注記 文献あり 注記 年表あり. Amazonで泉谷 康夫, 日本歴史学会の興福寺 (日本歴史叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。泉谷 康夫, 日本歴史学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 定価¥2,640(税込) 興福寺/泉谷康夫(著者),日本歴史学会(編者)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 興福寺 : 美術史研究のあゆみ フォーマット: 図書 責任表示: 大橋一章, 片岡直樹編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 里文出版,. 興福寺 泉谷康夫著 (日本歴史叢書 / 日本歴史学会編, 56) 吉川弘文館, 1997.

延久2年 「興福寺大和国雑役免坪付帳」の 地理資料としての検討 室 伏 朝 子 はじめに 延久2年 (1070) の「興福寺大和国雑役免坪 1) 付帳」には, 大和国の興福寺領150余 荘につい てそれぞれの面積や坪付などが記されている。. 興福寺旧蔵史料の所在調査・目録作成および研究 / 上島享研究代表. 興福寺の本の通販、泉谷康夫の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで興福寺を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは人文書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 【tsutaya オンラインショッピング】興福寺/泉谷康夫 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画やdvd. 泉谷康夫 著 出版年月日 1995 請求記号 UT51-95-D405 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10.

興福寺 - 泉谷康夫

email: enysoci@gmail.com - phone:(274) 935-4931 x 8126

秋吉資夫展 原景 1924-2004 - 秋吉資夫 - ホワイトロード

-> 英文記事を使った英語リーディングの技術 - 浜田京三
-> 高冷地野菜 - 加藤武夫

興福寺 - 泉谷康夫 - 日本科学技術情報センタ JICST科学技術分類表


Sitemap 1

現代の行政 - 川野秀之 - 金満血統王国年鑑